明治150年記念公開!無料で楽しめる大磯邸園をゆっくり満喫しよう!

今年は明治元年から起算すると満150年にあたるそうです。

 

私の住んでいる大磯町には、明治期に活躍した伊藤博文や大隈重信の邸宅などの歴史的遺産が数多く残されています。

 

現在、それら旧伊藤博文邸(滄浪閣)を中心とする歴史的な建物群や緑地の一部を公開しているので、予約なしで行ける庭園見学をしに家族で行ってきました。12月24日までの期間中は屋外の公開エリアは自由に散策することが可能です。

 

邸宅観覧は事前申し込みが必要ですが、すでに受付は終了しています。当日の予約の空きがでたらもしかしたら参加できるかもしれません。

明治記念大磯邸園 明治150年記念公開

とっても美しくて素敵な庭園でしたので、散策の様子を紹介したいと思います。お近くの方、大磯を通る機会があるかたは是非行ってみてくださいね。

受付を済ませて移動

自由に観覧できる庭園観覧でも、受付に行く必要があります。参加人数を伝えると、当日利用できる入園券がもらえます。

入園券

これを庭園前にいるスッタフに見せると入園できます。

受付には、明治150年関連施策紹介や、明治期の立憲政治、各邸宅の人物等に関するパネル展示を行っている事業ブースもあります。

(我が家は子どもたちが全く興味なさそうだったのでほとんど見ていません…)

 

ガイドツアーに申し込んでいる方も、同じ受付に行くみたいです。

受付のプレハブには、写真撮影が可能なパネルもあります。(逆光ですみません)

パネル

では、庭園見学へと進んでいきます。

 

受付の場所からは少し離れていて、松並木の歩道を大磯駅側に100メートルほど歩いていくと入口が見えてきます。

松並木

この道を進んでいきます。箱根駅伝で、「東海道松並木」と解説の方が言っている通りですね。(何故か大磯町とはあまり言ってくれない気がする)

 

しばらく歩くと入園口が見えてきます。

入園口

スッタフに入園券を見せて入りましょう。

庭園を自由観覧

少し入ると、綺麗に手入れされた美しい庭が広がっています。

美しい庭園

歩くだけでも気持ちが良い園内です。

右回りで回っても、左回りで回ってもどちらでも良いみたいです。我が家は左回りで見学しました。

旧大隈重信邸

最初に見えてくるのは、旧大隈重信邸です。

大隈重信邸

西側の玄関です。玄関だけでも、立派な感じが伝わってきます。

 

奥へ進むと、南側からの見た邸宅を見学することが出来ます。

大隈重信邸1

東西に長く作られている建物なので、写真にうまく収まりません。。。南側を向いているお部屋が多いんですね。

南側に面したこのお部屋で昼寝できたら最高に気持ちよさそうです。

大隈重信邸2

ちょっと遠目からの写真です。綺麗ですよね。

日本庭園

大隈重信邸を見終え、海側に下っていくと日本庭園エリアに入ります。松の木が生い茂っていました。

地図には日本庭園と書いてありますが、寄贈されたバラ園もありました。

バラ園

赤、白、黄色、ピンクなど、色々な種類と色の薔薇があってとても綺麗です。

敷地内にはとっても背の高い松の木もありました。

松の木

また、鳥がたっくさいるのか、鳴き声がとてもたくさん聞こえていて、子どもたちは喜んでいました。

また山側の方へ歩き進み、上へ登っていくと旧陸奥宗光邸が見えてきます。

旧陸奥宗光邸

旧陸奥宗光邸1

邸宅の下の方から撮影した様子です。とても眺めが良さそうな建物です。

近くで見るとこんな感じです。

旧陸奥宗光邸2

こちらも素敵な建物です。和室からは美しい日本庭園が眺められるようです。

 

旧陸奥宗光邸を見終えたら、見学は終了です。

お土産

帰り道だったので、受付ブース横にあるお土産屋さんに寄ってみました。明治150年記念グッツや、大磯の人気キャラクター「いそべぇ」グッツなどが販売されています。

 

我が家では主人が欲しいと言った、こちらの巾着を購入しました。売店の方も「この巾着は一番お買い得!」とおっしゃっていて250円で購入しました。

巾着

大磯在住のイラストレーター「たかしまてつを」さんがデザインされた可愛らしい巾着です。

大磯港の灯台と大磯町の鳥「アオバト」が描かれています。シンプルなのに愛着が湧くような可愛らしいデサインです。

明治150年記念公開!無料で楽しめる大磯邸園をゆっくり満喫しよう!まとめ

明治150年記念で見学できるのは、今の時期だけです。ちょっとした散歩にもおすすめなので大磯を通る機会がある方はぜひ行ってみてください。

 

大磯駅からも徒歩15分程度なので、車がなくても大丈夫です。

美しい庭園を歩くだけでも心がスッキリして癒やされますよ。

子ども連れでも楽しめると思います。

施設情報

明治150年記念 大磯邸園公開

【住所】

神奈川県中郡大磯町西小磯85ほか

 

【アクセス】

電車:JR東海道線大磯駅 徒歩15分(約1km)

バス:JR大磯駅より神奈中バス乗車「白岩大門」または「統監道」下車徒歩3分

車:国道1号「滄浪閣前」交差点すぐ

 

【電話】

0463-79-8700

 

【開園日・開園時間】

2018年12月24日(月)まで

9:00〜16:30(最終入園は16:00まで)

休園日:水曜日(12月2日は休園)

 

【料金】

無料

 

【駐車場】

あり(有料)

コメント