神奈川で味覚狩り!ICから5分!大磯町ひじかた柑橘園でみかん狩り体験

神奈川県でサクッとみかん狩りをしたいなら、大磯のみかん狩りがおすすめです。

 

大磯ICから近いので、車でのアクセスがいい上に、けっこう穴場なのでめちゃくちゃ混んでいることもありません。

 

先日、大磯のみかん園のひとつである「ひじかた柑橘園」さんでみかん狩りをしてきましたので紹介したいと思います。

事前準備

行きたい園を選んで事前連絡しておく

まずは大磯町のホームページに載っている、みかん園さんの中から行きたい園を選びましょう。

みかん狩り/大磯町ホームページ
みかん狩り

今回私達は、昨年も行かせてもらった「ひじかた柑橘園」さんへ行くことにしました。駐車場が広いので駐車に困る心配が少ないからです。

 

 

念の為、事前に電話連絡をして、行っても大丈夫かどうか確認しました。(当日の朝ですが…)

 

午前中に行きたい旨を伝えた所、大丈夫とのことだったのですが、もしかしたら混んでいてお待たせするかもしれない、ということでした。午前よりも午後のほうが少し空いているようです。

持ち物や服装

持ち物は特にありません。みかんをとるハサミは貸してくれるので、寒くないように上着を持っていくぐらいです。標高が高いので、平地よりも気温は低めです。天気が良くて暖かい日でも念の為上着は持っていきましょう。

 

 

子どもは、みかんの果汁で服が汚れやすいので、汚れてもいい服で行きましょう。うちは赤系の上着を持っていき、万が一汚れが取れなくなっても目立たないようにしました。

ちなみにみかん狩りへ行った際の2才児の上着はこうなります。

2歳の上着

ちょっと分かりにくいのですが、丸で囲ったあたりは果汁がたくさん付いてるんですよ。右利きなので右ポケットあたりが特にひどいです。みかんで濡れた手を上着でふきふきしていたので、こうなります。さらに口の周りについた果汁も上着で拭いていました。

洗濯したら綺麗に落ちましたが、念の為汚れてもいい上着にしておきましょう。

 

お弁当などの食べ物の持込みは可能なので、園でピクニック的なことをしたい方は持っていって大丈夫です。ちなみにゴザは無料で借りられます。

 

みかん狩りは10時〜15時までとのことだったので、10開園を目指して出発しました。我が家は大磯町内にあるので車で15分もあれば到着します。

ひじかた柑橘園でみかん狩り体験!

快晴

駐車

いったん、ひじかた柑橘園さんの自宅?に行き、軽トラックで園の場所まで車で案内してもらいました。(去年も行ったのですが道順は忘れてましたね)

 

駐車場まで行く道のりは、車1台しか通れないような道も多いので、対向車が来ないように祈りながら進みました。

 

園の場所が分かる場合は、直接みかん畑横にある駐車場へ行って大丈夫です。

こちらが園の横にある駐車場です。

駐車場

ぱっと見た感じ50台ぐらいは停められそうな感じです。好きな場所に駐車して、受付へ行きましょう。

受付

畑の入口に看板が立っていて、そこで料金を支払います。今回は大人(中学生以上)500円、幼稚園児400円でした。幼稚園に入れない年齢の3歳以下は無料みたいです。

看板

持ち帰りのみかんが欲しい人は、500円で持ち帰り袋を購入します。我が家も1袋購入しました。

大磯の人気キャラクター、「いそべぇ」と「あおみちゃん」がプリントされています。

 

受付では、みかんジャム、みかんパン、みかんあんぱんも販売されていました。

販売

 

無料でいただけるハーブティーも置いてありましたよ。温かくて美味しかったです。酸っぱいかと思ったのですが、まろやかな味わいで子どもでも飲めました。

無料のお茶

 

みかん狩り!

楽しみにしていたみかん狩りのスタートです。時間制限はないので閉園まで食べ放題です。

みかん園

たわわに実ったみかんがたっくさんあります。みずみずしくてどれも美味しそうですね。

 

皮と実の間に隙間があるような、皮の柔らかいみかんを選んで採っていきました。

ハサミで切る

受付で借りたハサミを使って切っていきます。そこまで固くないので、5歳の娘も自分で切ることが出来ていました。

みかん

自分で採ったみかんです。収穫した感じでウキウキしちゃいます。

みかんの実

どのみかんも粒がぎっしり詰まっていてジューシーでした。酸味と甘味のバランスが絶妙で、まさに「甘酸っぱい」美味しいみかんです。

 

甘みのほうが酸味より若干多めで、いくらでも食べられそうな味わいです。甘すぎることがなく、適度な酸味も残るので、お腹に入る限り食べられそうな感じでした。

 

もちろん、皮が固そうなみかんだと目をつぶるほど酸っぱいです。美味しそうなみかんを選んで食べ進めていくのがコツですね。

 

食べたみかんの皮は、園内各所にたくさん置いてある赤いバットに入れてくださいとのことでした。

ゴミ捨て

無料で食べれる2才児も、自分でたくさん剥いて食べていました。

 

食べながら、持ち帰り用のみかんも摂りながら袋に入れていきました。袋の中に隙間ができにくいように、できるだけ小さくて甘そうなみかんを入れていきます。

みかんの持ち帰り

欲張ったので、袋の横から何度も転げ落ちました。これで家でも美味しいみかんが食べられます。

みかん狩りで食べられたみかん

最初は、20個は食べるぞ!と思って挑んだみかん狩りですが、水分が多いのか結構すぐにおなかに溜まってくるんですよね。

 

6個ぐらい食べた所で、けっこうな満腹感を感じ始めました。それからはゆっくりと食べ進めていきました。最終的に自分が何個食べたかは数えていなかったのですが、おそらく13個ぐらいだと思います。

 

子どもたちが意外に結構食べていて、5歳娘が10個ほど、2歳息子が7個ほど食べていました。主人は朝ごはんを食べ過ぎたと言って、私と同じぐらいの数でしたね。

 

本気でみかんをたくさん食べたい人は、食事代わりに利用してみてください。行く前にトイレも行っておきましょうね。

トイレに行くと追加で食べれる

みかんはほとんど水分なので、みかん狩りをはじめてしばらくするとトイレに行きたくなります。そこで用を済ませると、また胃に隙間が空いて追加で食べられるようになります。

 

我が家は1時間半ぐらいしか滞在しなかったので、そこまでたくさん食べられなかたのですが、もっと長くいる人は何回もトイレにいけばたくさん食べられるはずです。

 

ちなみにこちらの園のトイレは、和式のボットン便所でした。畑の中にあるトイレなので仕方ないですね。子どもがトイレへ行く場合は、ちょっと危ないので付き添ってあげてください。別に汚くないし、そこまで臭くもなかったです。

神奈川でみかん狩りするならICからも近くて穴場の大磯がおすすめ!のまとめ

神奈川県中郡大磯町内にある「ひじかたかんきつ園」さんでのみかん狩りレポートでした。12月上旬まで実施している園もあるので、お時間がある方はぜひ行ってみてくださいね。

 

大磯ICを出てから5分ほどで到着するので、少し遠方の方でもアクセスしやすいと思います。

子どもも大人も楽しめる、みかん狩りの紹介でした。

施設情報

ひじかた柑橘園

【住所】

神奈川県中郡大磯町虫窪602

 

【アクセス】

車:小田原厚木道路「大磯インター」より約5分
  西湘バイパス「大磯西インター」より約10分

バス:神奈川中央交通バス JR二宮駅より「大磯運動公園前行」 恒道園前・虫窪経由  15分(平日のみ)

 

【電話】

0463-72-0238

 

【営業日・営業時間】

営業カレンダーに準ずる(みかん狩りは11月最終週の週末まで)

 

【料金】

大人(中学生以上)500円

小人(幼稚園児以上)400円

 

【駐車場】

あり(無料)

 

味覚狩りの関連記事>>神奈川でいちご狩り!ICからもアクセス便利な平塚「原農場」をレポート!

 

味覚狩りの関連記事>>秋の味覚狩り!伊勢原市「大きな栗の木パブリック」で初めての栗拾い

 

味覚狩りの関連記事>>秋の味覚狩り!「大倉掘り取り観光協会」の落花生&芋掘りレポート!

コメント