スポンサーリンク

神奈川でいちご狩り!ICからもアクセス便利な平塚「原農場」をレポート!

平塚市で 楽しめるいちご狩り 体験(味覚狩り・工場見学など)

いちご狩りの季節がやってきました。

 

例年1月頭から5月上旬まで実施している農園が多い神奈川県のいちご狩り施設。

 

都内からのアクセスも便利でおすすめなのが、平塚市にあるいちご園です。

 

天気の良い日であれば、ハウスの中はそれほど寒くないので、1月からでも十分いちご狩りを楽しむことはできます。

 

 

今回は、平塚市にある「原農場」さんにていちご狩りを体験してきました。

 

大人も子どもも大満足になる味覚狩りの代表「いちご狩り」です。

簡単にレポートしたいと思います。

いちご狩りの事前準備!予約をしてから出かけよう!

電話予約

まずは事前に電話連絡をします。

 

春休みやGWなどは混雑しますので、1ヶ月ほど前までに予約したほうが確実です。

 

今回伺ったのは1月の3連休最終日でした。午後は混んでいたようですが、当日の朝の電話確認で午前中の予約をとることができました。

 

【原農園さんの連絡先】

自宅 0463-31-9610
農場 0463-58-6696
携帯 090-2480-3161

私は携帯の電話番号にかけて予約を取りました。

 

1月や2月でも予約で埋まっている可能性はありますので、数日前までに予約をしておいたほうが安心です。

去年の3月に伺った際は、1週間ほど前に予約をして行きました。

レジャーの予定が決まったら、早めに連絡しておきましょう。

いちご狩りの服装は?

まだ寒い時期の場合は、上着を着たままのいちご狩りになります。

基本的には、いつもの外出の時の格好で問題ありません。

 

まだ食べ物をこぼすようなお子さんがいる場合は、できるだけ汚れてもいい服と上着を選びましょう。

食事用エプロンも必須です。

練乳をこぼしたりすることがあるので、着替えもあったほうが安心です。

いちご狩りの持ち物

練乳で手がベトベトになるので、ウェットティッシュは持参したほうが便利です。

 

置いている農園もありますが、ない場合もありますので、念のため持参しましょう。

旬の苺をほうばる!平塚市「原農場」さんでいちご狩りを楽しみました!

駐車

こちらの農場でいちご狩りを行うのは2回目なので、すんなり駐車場まで行くことが出来ました。

小田原厚木道路を利用して車で行く場合は、平塚ICから約5分ほどで到着します。

入り口の道路側から見た農場です。

原農場 入り口

川側に売店があるのですが、そこから数十メートル離れた場所にいちごハウスがあります。

 

ハウスの横に駐車場がありますので、そちらに駐車します。

駐車場1

駐車場2

車体が長い車だと、ちょっと駐車するのが大変かもしれません。

 

受付を行い料金支払い

ハウスを入ってすぐの場所に受付があります。

受付

予約した名前を伝えて、料金を支払いました。

 

2019年の料金はこの表のとおりです。

いちご狩りの時間は受付時刻から30分間になります。

料金表

我が家は、夫婦+5歳児+2歳児でしたので、合計で4,800円支払いました。歩く子どもから料金が発生するようです。

 

大人料金は他の農園と比べると少し安いと思います。

待ちに待ったいちご狩り!

専用の容器に農園の方が練乳を入れてくれます。

練乳

練乳がなくなったら、追加で入れることも可能です。

 

指定の番号が割り振られるので、その番号のついている列でいちご狩りを楽しみます。

ハウスの中1

ハウスの中2

 

苺は地面から90cm〜1mぐらいの高さになっているものが多いです。

ハウスの苺

身長が約120cmの娘にとってはとても取りやすい高さのようでした。

大人には少し低いように見えますが、かがまなくても手を伸ばせば簡単に取ることが可能です。

 

葉っぱの下になっているので、美味しそうな苺を探すのは宝探しのように楽しめます。

いちご狩り1

赤く色づいた苺をさっそく頂きます。

 

練乳を付けたいちご

 

「ジューシーで爽やかで美味しい!!」

 

みずみずしくって最高の味わいです。

 

私は練乳が好きなのでたくさん付けてしまいますが、付けなくても十分甘くて美味しいです。

原農園さんのハウスでは練乳のおかわりは自由です。

 

私は1回おかわりをしていちご狩りを楽しみました。

原農場の設備

トイレ、手洗い用の水道はありますので、利用して良いそうです。

トイレ

トイレ

水道

水道

 

また、ウェットティッシュも置いてあるものを使用して良いそうでした。

ウェットティッシュ

こちらは受付付近に置いてありますので、ハウスの奥の方で必要な場合は取りに来るのに少々時間がかかります。

ですので、ウェットティッシュは念の為持参したほうが、いちご狩り時間も確保できるのでおすすめです。

平塚市「原農場」で楽しむ【いちご狩り】 まとめ

とってもジューシーで美味しい苺を堪能できる、原農場さんでいちご狩り!

大人も子どもも大満足できるので、春のレジャーにおすすめです。

施設情報

原農場

【住所】

神奈川県平塚市入野872-1

 

【アクセス】

車:小田原厚木道路「平塚IC」から約5分

バス:平塚駅北口「秦野駅行き」14分 水神橋で下車 徒歩約2分

 

【電話】

自宅 0463-31-9610
農場 0463-58-6696
携帯 090-2480-3161

 

【営業日・営業時間】

営業日:火曜日~日曜日(定休日は月曜日)

営業時間:9:00~17:00

 

【料金】

年齢によって異なる

2019年は画像のとおり(30分間の価格)

料金表

【駐車場】

9台あり(無料)

 

味覚狩りの関連記事>>神奈川で味覚狩り!ICから5分!大磯町ひじかた柑橘園でみかん狩り体験

 

味覚狩りの関連記事>>秋の味覚狩り!伊勢原市「大きな栗の木パブリック」で初めての栗拾い

 

味覚狩りの関連記事>>秋の味覚狩り!「大倉掘り取り観光協会」の落花生&芋掘りレポート!

コメント