2歳半の男の子におすすめ!分厚すぎない手軽なサイズの恐竜図鑑★

恐竜図鑑

車や動物、電車など、まさに男の子の好きそうなものが大好きな我が息子は、まだ「恐竜」の存在を知りませんでした。

絵本を読んであげるのは大好きな子なので、「動物が好きなら、きっと恐竜にも興味を持つだろう!!」と思い、半年ほど前からちょうどいいサイズの恐竜の図鑑ないかなーと、本屋さんへ行くたびに探していたんです。

でもなかなか良いものが見つかりませんでした。

よく売っている図鑑は、重くて分厚くて、持ち運びが大変そうなものばかりでした。おそらく対象年齢が小学生ぐらいなのかなと思います。

2歳ぐらいの子どもでも楽しめる、ミニ図鑑を探して半年。。(そこまで真剣に探していませんでしたが…)

ついに本当にちょうどいいサイズの恐竜図鑑を見つけたのです!

スポンサーリンク

最初からネットで探せばよかった?本屋さんで見つけた2歳半でもちょうどいいサイズの恐竜図鑑!

なぜか本屋さんで探したい!という気持ちで探し続けていた恐竜図鑑。ついに巡り合ったのがこちら「はじめての きょうりゅうずかん」です。

サイズは私の実測で縦19.2×横17.5×厚さ1.7cmぐらいです。

手に持った感じ

大人だったら片手でも持てるサイズです。外出する時もかばんにすっぽり入ります。

厚さはこんな感じです。分厚すぎない1.7cmほどでした。

厚さ

よくあるずっしり図鑑とは違い、厚さも普通の絵本レベルなのでとっても手軽な図鑑となっています。

2歳半にちょうどいい理由はサイズ感と耐久性と親しみやすさ!

翼竜

いいとこその①:丁度よいサイズ感

先程説明もしましたが、この本のサイズは上の写真のとおりです。大人が片手で持てるほどなので、子どもが両手で持ってもちょうどいいサイズになっています。

いいとこその②:耐久性バッチリで汚れにくい

表紙と裏表紙はもちろんハードカバーです。

しかも中のページも厚紙使用なのでとっても丈夫です。すべてが撥水加工のようなつるつる仕様なので、ちょっと何かこぼしたりしてもすぐに拭き取れば問題ありません。

厚紙なのでページがめくりやすく、読み聞かせもしやすい所が気に入っています。

いいとこその③:最初の導入ページに大好きなぞうさんがいる

ぞう

動物大好きな我が息子は、動物の中でも「ぞう」が特に好きなんです。

その大好きなぞうさんが、この恐竜図鑑の中ではなんと最初の1ページ目に載っています。

最初に載っている理由は、体長6〜7.5mのぞうと、恐竜の大きさの違いを比較するためです。息子が比較出来ているのかは分かりませんが、最初のページに元々知っている「ぞうさん」がいることで、この本を読み進めやすくなりました。

何度読んでも、知っているぞうを指さして「ぞうさん」と嬉しそうに教えてくれます。

後半ページに載っている「マンモス」もぞうさんだと思っており、楽しそうに見ています。

知っている動物が載っていることで、前から知っているような親しみやすさが感じられ、子どもが違和感なく楽しめる図鑑になっていると思います。

何度も読むのでどんどん好きになるきょうりゅうずかん

購入してからまだ2週間ほどしか経っていませんが、何度も何度も読みたがるので、恐竜の名前も少しずつ言えるようになってきました。

親が近くにいない時も、自分で図鑑をめくりながら楽しんでいます。

見ているだけでも楽しそうなので、買ってあげて良かったなぁ!と思っています。

2歳半の男の子におすすめ!分厚すぎない手軽なサイズの恐竜図鑑★まとめ

恐竜図鑑

こちらの図鑑のおすすめポイントはこちらの3点です!

・丁度よいサイズ感であること

・耐久性バッチリで汚れにくいこと

・最初の導入ページに大好きなぞうさんがいること

これらのポイントを抑えている恐竜図鑑は2歳半男子の心を鷲掴みにしています。

 

私が半年かけて(!?)見つけ出した甲斐があった図鑑はこちらの「はじめての きょうりゅうずかん」です。

親子で長い期間楽しめる、イチオシの図鑑になっています!

 

ちなみにこの図鑑、他にも動物と乗り物のシリーズのあるようです。

我が家には他の動物絵本や乗り物絵本がたくさんあるので購入はしませんが、家の中がこれらの絵本で溢れていない方は揃えて楽しむこともできそうです。

 

1歳頃のお子様へおすすめの絵本はこちらの記事で紹介しています>>読み聞かせを通して選んだ1歳頃の赤ちゃんにおすすめの絵本4選(独断)

 

0歳の赤ちゃんへおすすめの絵本はこちらの記事で紹介しています>>読み聞かせを通して選んだ0歳の赤ちゃんにおすすめの絵本6選(独断)

 

関連記事>>物語に惹き込まれる!子どもが何度も読みたくなる「高畠那生」さんの絵本

コメント